商品番号:P016676

横浜赤レンガの歴史をめぐるてくてく散歩 ~馬車道十番館のフレンチコース付~【3密対策】 横浜助成

8,800円→4,800円/税込

最少催行
各日10名様より
開催時間
9:50:00~14:00:00
集合場所
みなとみらい線 「日本大通り駅」3番情文センター口

申込はコチラ(日程を見る)

ツアー内容

ガイドがご案内!

<Find Your YOKOHAMAキャンペーン>
横浜赤レンガの歴史をめぐるてくてく散歩 
~馬車道十番館のフレンチコース付~

★ご旅行代金

旅行代金8,800円、横浜市助成額4,000円 =お支払い実額4,800円

★ガイドとともに横浜赤レンガの歴史をめぐる!

明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物である『横浜赤レンガ倉庫』は有名ですが、 横浜には他にも隠れた赤レンガスポットが存在します。
横浜に精通したガイドとともに『横浜赤レンガ』にまつわる歴史をたどりましょう!

★横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫は、物流の重要拠点として使われた施設です。
敷地内には、旧税関事務所や旧横浜港駅プラットホームなど当時を知る貴重な遺構が残されています。

★象の鼻パーク

1859年の開港に際し、幕府によって建設された波止場であった場所です。
生糸をはじめとする輸出品は、この波止場から輸出されました。
その後、幕府は波止場を弓なりの形に造り直し、これが「象の鼻」の由来となっています。

★横浜開港記念会館

時計塔を持つレンガ建築で、現在は公会堂として利用。
開港当時を描いたステンドグラスや和田英作画伯の油彩画が展示されています。
ジャックの塔と呼ばれ、国の重要文化財に指定。

★横浜第二合同庁舎(旧生糸検査所)

横浜市の歴史的建造物に認定されていて、かつては旧生糸検査所として使用されていました。

★神奈川県立歴史博物館

「かながわの文化と歴史」を総合的に扱う唯一の博物館。
ネオ・バロック様式の旧館部分の外観は建築当初の姿をそのまま残し、国の重要文化財の指定を受けています。

★馬車道十番館にてフレンチコースのお食事

横浜開港の頃、海岸沿いに建てられた外国の商館は「一番館」「二番館」・・と呼ばれていました。
山手十番館は母体である勝烈庵の十番目の店として昭和42年(1967年)に明治100年を記念して建てられたものです。
貴重な文化財も多く残る洋館で、フレンチランチをお楽しみください。

【ご注意事項】
※当コースは横浜市より旅行代金の一部が助成されています。詳しくは【Find Your YOKOHAMAキャンペーンページ】をご覧ください。
※ご参加に当たり、マスク着用など感染予防の徹底と、アンケートご記入のご協力をお願い致します。
※お取消しの際は、旅行代金(助成金支援前)を基準として、所定の取消料を申し受けます。
※移動は徒歩にて行いますので、「歩きやすい服装・靴」にてご参加ください。徒歩での移動距離は約3kmとなります。
※当ツアーは、6歳(小学校1年生)以上のお客様が大人料金一律でご参加いただけます。未就学児のお子様はご参加いただけませんので、予めご了承ください。