Main Visual

2019年 第37回 江東花火大会

昭和57年に地域住民の融和・発展を目的とし、始められた江東花火大会。その特徴は、打上げ場所から観覧会場である「荒川・砂町水辺公園」までの近さ。わずか150mという距離しかないため、迫力の花火を間近で見ることができます。19時40分より打ち上げ予定のため、短時間で凝縮した花火が好評を博しています。

ご指定の検索条件に該当するツアー・イベントは見つかりませんでした。
条件を変えて、再度検索ください。

特集全ての特集を見る