花火大会ツアー特集2019 | 花火大会の観覧予約ならポケカル 

花火大会ツアー特集2019。都内や東京近県の花火大会の観覧ツアーをご案内
本年も花火大会特集を公開!都内や東京近県で開催される花火大会の観覧ツアーを多数ご紹介しています。クルーズ観覧、特別席観覧、バス送迎付き観覧など、花火大会ごとにプランは様々。特に1万発を超える大型花火大会は、観覧スポットや交通機関の混雑が予想されるため、船からの観覧クルーズなど、ツアーでのご予約&ご参加がオススメです!隅田川花火大会など、人気の花火ツアーは、毎年完売になりますので、お早めにご予約ください♪

  イチオシ!花火観覧ツアーをチェック

  • 大型船・お食事付

    【東京湾花火大会】パノラマ展望デッキ付き大型船花火観覧クルーズ ~幕の内弁当&飲み放題付~

    7/20(土)
    25,000円
    詳細を見る
  • 屋形船・お食事付

    【隅田川花火大会】展望デッキ付き屋形船花火観覧クルーズ ~揚げたて天ぷら御膳&飲み放題付~

    7/27(土)
    36,000円
    詳細を見る
  • 特設席・お食事付

    【隅田川花火大会】アサヒグループ本社ビル21階「日本料理もちづき」花火鑑賞&会席料理

    7/27(土)
    44,000円
    詳細を見る
  • 特設席・お食事付

    【隅田川花火大会】浅草ビューホテル26階「武蔵」豪華ビュッフェプラン

    7/27(土)
    39,000円
    詳細を見る

 花火大会一覧 2019年(ポケカルのツアーで行ける!)

東京都の花火大会

2019年 第41回 足立の花火
◆開催日時:7月20日(土)19:30~20:30
◆開催場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)打上場所は千住側 【打ち上げ数は、約13,000発を予定】
◆特徴:明治時代、千住大橋の落成を祝い花火を打ち上げたことが花火大会の始まり。約100年の歴史を誇り、地元民に愛される花火大会です。打ち上げ数は約13,000発と規模も大きく、ワイドスターマインや仕掛け花火のナイアガラは名物的存在。今年も二重に仕掛ける「Wナイアガラ」やレーザーの演出が行われます。広々とした河川敷で開催され、適度に人も分散するため、極端な混雑もないのも人気の理由です。
◆荒天の場合:荒天の場合は中止
東京湾花火大会2019
◆開催日時:7月20日(土)19:30~20:30
◆開催場所:豊洲ぐるり公園(新交通ゆりかもめ「市場前駅」より徒歩15分)【打ち上げ数は、約10,000発を予定】
◆特徴:待望の東京湾花火が豊洲を舞台に開催決定!他の花火大会とはひと味違う、新たな「未来型花火エンターテインメント」。観る者の想像をはるかに超える「パラレルワールド」のような圧倒的世界観!約10,000発の圧巻の花火と、会場を彩るライティングをお楽しみください。
◆荒天の場合:荒天の場合は中止
2019年 第42回 隅田川花火大会
◆開催日時:7月27日(土)19:00~20:30
◆開催場所:第一会場は、桜橋下流~言問橋上流。第二会場は、駒形橋下流~厩橋上流。 【打ち上げ数は、第一会場・第二会場の合計で、約20,000発を予定】
◆特徴:徳川将軍吉宗が、享保の大飢饉の慰霊のため、1733年に始まった日本最古の花火大会。テレビ中継もされるなど、全国区の花火大会としてお馴染みで、毎年100万人の人出で賑います。第一会場で約9,350発(コンクール玉200発含む)、第二会場で約10,650発、2ヶ所の打ち上げ台から趣向を凝らした約2万発の花火が打ち上がり、夏の夜空を彩ります。
◆荒天の場合:荒天のため実施できない場合は7月28日(日)に順延し、両日とも実施できない場合は、中止となります
2019年 第37回 江東花火大会
◆開催日時:8月1日(木)19:30~20:30
◆開催場所:荒川・砂町水辺公園(東京メトロ東西線 南砂町駅 2番出口より徒歩15分) 【打ち上げ数は、4,000発を予定】
◆特徴:昭和57年に地域住民の融和・発展を目的とし、始められた江東花火大会。その特徴は、打上げ場所から観覧会場である「荒川・砂町水辺公園」までの近さ。わずか150mという距離しかないため、迫力の花火を間近で見ることができます。19時40分より打ち上げ予定のため、短時間で凝縮した花火が好評を博しています。
◆荒天の場合:小雨決行。荒天の場合は中止(順延日なし)

神奈川県の花火大会

横浜スパークリングトワイライト花火2019
◆開催日時:7月13日(土)・14日(日)19:30~20:00
◆開催場所:山下公園およびその周辺、公園前の海上 【打ち上げ総数は、1日3,000発を予定】
◆特徴:横浜スパークリングトワイライトは、今年で8年目を迎える海と港を舞台にしたフェスティバル。パレードやライブ、野外レストラン、さまざまなプログラムが開催され、多くの来場者で賑わいます。横浜港に停泊する氷川丸の汽笛を合図に3,000発の花火が夜空へ打ち上がり、横浜港を照らし出すイルミネーションとのコラボ―レーションは絶景です。
◆荒天の場合:小雨決行(荒天時は中止)
芦ノ湖夏まつりウィーク湖水まつり花火大会
◆開催日時:8月3日(土)20:00~20:30
◆開催場所:芦ノ湖上(箱根登山鉄道「箱根湯本駅」から箱根登山バス箱根町行きで約35分) 【打上数は、4,000発を予定】
◆特徴:芦ノ湖夏まつりウィークは、芦ノ湖畔の祭事に併せて花火が打ち上げられるうようになり、祭事が連なる約6日間、芦ノ湖の各所で、花火が夜空を彩ります。見どころは、スターマインや水中花火。湖上には、灯籠も流され、花火とともに幻想的な世界が広がります。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。
八景島 花火シンフォニア
◆開催日時:7月13日(土)・20日(土)、8月3日(土)・10日(土) ※2019年度の開催時間は正式確定しておりません。確定しましたら、本サイトにてご案内いたします
◆開催場所:八景島シーパラダイス周辺の海上 【打上数は、2,500発を予定】
◆特徴:「花火シンフォニア」は、シーパラのオリジナル花火ショー。毎年、GW・夏・秋・冬の時期に合せて、年間複数回開催されます。「ショー」という名前のとおり、単に花火を打ち上げるのではなく、音と光を織り交ぜ、花火を幻想的・華麗に演出。打ち上げ数も約2,500発前後(予定となります)と見応え十分。
◆荒天の場合:荒天の場合は中止
みなとみらいスマートフェスティバル2019
◆開催日時:8月2日(金)19:30~20:00
◆開催場所:臨港パーク・耐震バース他 【打上数は、20,000発を予定】
◆特徴:環境・IoT等の先端技術と音楽・アートをコラボしたイベント「みなとみらいスマートフェスティバル」。世界で活躍中の和楽器グループによる演奏と共に、音と光で彩る花火の豪華な演出でラストを迎えます。30分間で怒涛の約20,000発の花火が打ちあがる、大迫力の演出をお楽しみください!
◆荒天の場合:雨天決行(荒天の場合は中止)
湯河原温泉海上花火大会
◆開催日時:8月3日(土)20:00~20:30
◆開催場所:湯河原海水浴場沖合【打ち上げ数は、約6,000発を予定】
◆特徴:7月・8月・10月の3回にわたって開催される海上花火大会。湯河原海水浴場沖合から、6,000発が打ちあがります。目玉は突如海上に現れる「水中スターマイン」!湯河原の夏本番を知らせる、夜空に咲く色鮮やかな花火の数々をお楽しみください。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。

埼玉県の花火大会

みさとサマーフェスティバル花火大会
◆開催日時:8月23日(金)19:15~20:30
◆開催場所:江戸川グラウンド(JR「三郷駅」南口から徒歩10分) 【打上数は、合計約14,000発を予定】
◆特徴:江戸川河川敷の「江戸川運動公園」で開催。対岸の千葉県「流山花火大会」と同日開催で、合計約14,000発のダイナミックな花火が夜空を彩ります。花火と音楽が見事なシンクロを見せる「音楽花火」は必見!広大な河川敷で開催され、見通しが良い点も人気のポイントです。
◆荒天の場合:荒天の場合翌24日(土)に順延し、両日とも実施できない場合は中止。

千葉県の花火大会

第40回 浦安花火大会2019
◆開催日時:7月27日(土)19:30~20:30
◆開催場所:浦安総合公園(千葉県浦安市明海七丁目2番) 【打ち上げ数は、6,600発を予定】
◆特徴:今年で40回目の開催を迎える「浦安花火大会」。宗家花火鍵屋プロデュース!約6,600発の花火が夏の夜空を彩ります。花火は、浦安総合公園の護岸から約300mの海上から打ち上がるため、遮る建物もなく、眺めの良さはバツグン!海辺の潮風も心地よく、一度は足を運んでみる価値ある大会です。
◆荒天の場合:荒天の場合翌28日(日)に順延し、両日とも実施できない場合は中止。
幕張ビーチ花火フェスタ 2019
◆開催日時:8月3日(土)19:30~20:30
◆開催場所:幕張海浜公園(JR京葉線「海浜幕張」駅南口から徒歩約15分) 【打ち上げ数は、23,000発を予定】
◆特徴:千葉市のウォーターフロント「幕張の浜」で開催される花火大会。2019年で41回を迎え、昨年よりさらにスケールアップ。打ち上げ総数は国内最大級の2万3000発!海辺のロケーションを活かした海上ミュージックスターマインや尺玉の打ち上げ、個人協賛によるLOVEメッセージ花火、さらに「炎と花火のコラボレーション」などが予定されています。通常の花火大会の枠におさらまらない、そのエンターテイメント要素は必見です。
◆荒天の場合:荒天または強風の場合は中止

茨城県の花火大会

第88回 土浦全国花火競技大会2019
◆開催日時:10月26日(土)18:00~20:00
◆開催場所:茨城県土浦市佐野子 桜川畔(JR常磐線土浦駅から徒歩30分)【打ち上げ数は、20,000発を予定】
◆特徴:1925年から始まった歴史ある花火大会。日本三大花火大会の一つで、毎年80万人の見物客で賑わいます。花火の競技会も兼ねており、全国の花火師たちが、最新の花火を披露する場として、注目度の高い大会。中でも、スターマイン(速射連発花火)の部門は、激戦区。土浦の花火で「スターマインの日本一」が決まると言われているほど。他部門(10号玉の部、創造花火の部)の花火も手の込んだ花火が多く、花火大会としては異例の2時間半という長い時間もあっという間に過ぎてしまいます。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。

長野県の花火大会

第71回 諏訪湖祭湖上花火大会
◆開催日時:8月15日(木)19:00~20:00
◆開催場所:諏訪市湖畔公園前諏訪湖上【打ち上げ数は、40,000発を予定】
◆特徴:例年50万人以上が訪れる「諏訪湖祭湖上花火大会」は、打ち上げ数、規模ともに全国屈指の花火大会。打ち上げ数は約4万発を予定しており、水上スターマインや全長約2kmにおよぶナイアガラなど、他の花火大会にはない規模の花火を観ることができます。諏訪湖を取り巻く山々に響き渡る花火の音も魅力の1つで、目と耳と体で迫力満点の花火を体感ください。
◆荒天の場合:雨天決行

新潟県の花火大会

長岡まつり大花火大会2019
◆開催日時:8月2日(金)・3日(土)19:20~21:15
◆開催場所:信濃川河川敷【打ち上げ数は、大会期間中で20,000発を予定】
◆特徴:長岡まつり大花火大会は、今年で開催が72回目となる日本三大花火大会の1つ。「慰霊」「復興」「平和への祈り」の想いをテーマとして、華やかながらも厳かな花火大会。花火の見所は、幅2kmにも及ぶ復興祈願花火の「フェニックス」、直径650mもの大輪となる「正三尺玉」、光の滝が降り注ぐ「ナイアガラ」など。長岡まつり花火大会ならではの壮大な花火に期待を寄せ、例年90万人以上の人出で賑わいます。2019年の締めは米百俵花火・尺玉100連発を予定。夜空に連綿と打ち上がる花火をぜひその目でご覧ください。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。

滋賀県の花火大会

2019 びわ湖大花火大会
◆開催日時:8月8日(木) 19:30~20:30
◆開催場所:滋賀県営大津港沖水面一帯(京阪電鉄びわ湖浜大津駅から徒歩5分、JR大津駅または膳所駅から徒歩15分)【打ち上げ数は、約10,000発を予定】
◆特徴:琵琶湖の夏の風物詩となっている、「びわ湖大花火大会」。毎年約35万人もの人出で湖畔が賑わう中、豊かな自然を背景にスターマインなどが打ち上げられます。今年のテーマは「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」で滋賀・びわ湖を眺めた戦国武将たちの生き様などを、約10,000発もの花火で表現します!湖上からの打ち上げならではの演出をお楽しみください。
◆荒天の場合:荒天の場合は中止

静岡県の花火大会

熱海海上花火大会
◆開催日時:7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)20:20~20:50
◆開催場所:熱海湾【打ち上げ数は、約5,000発を予定】
◆特徴:熱海湾を会場に繰り広げられる、毎年恒例の花火大会。会場は山に囲まれた地形で、音響効果も加わり迫力満点です。見所はフィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」。会場全体から一斉に打ちあがり、まばゆい光が会場に降り注ぎます。
◆荒天の場合:雨天決行
伊東花火 海の花火大会
◆開催日時:7/20(土)・28(日)、7/30(火)~8/3(土)、8/6(火)・7(水)20:30~20:50
◆開催場所:伊東海岸【打ち上げ数は、約1,000発を予定】
◆特徴:伊豆最多17回開催、最大5夜連続の「伊東温泉 海の花火大会」。和太鼓や燈籠流しとの共演など、個性あふれる花火が咲き乱れます。伊東の夏の風物詩、幻想的な花火をお楽しみください。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。

大阪府の花火大会

天神祭奉納花火
◆開催日時:7月25日(木) 19:30~20:50
◆開催場所:川崎公園・桜宮公園【打ち上げ数は、約5,000発を予定】
◆特徴:1,000年以上続く日本三大祭の一つ、「天神祭」の最後を彩る花火。約100隻の大船団のかがり火と、約5000発の花火が織りなす光景は、とても幻想的です。例年、天神様にちなんで「紅梅」という梅鉢の形にひらくオリジナル花火が上がります。
◆荒天の場合:※荒天時の対応は確定しておりません。情報が確定しましたら、本サイトにてご案内させて頂きます。