絵画・美術館・イベントのツアー・イベント一覧|日帰りバス旅行・観光ツアー

[表示順]

3件中1-3件表示

映画セットのような美術展「バンクシーって誰?展」&歴史的建造物を巡る高輪さんぽ ~本格イタリアンランチコース付~【3密対策】

  • photo
  • photo
  • photo

... 映画セットのような美術展「バンクシーって誰?展」&歴史的建造物を巡る高輪さんぽ~本格イタリアンランチコース付~【3密対策】●バンクシーって誰?展(会期:2021年8月21日〜12月5日 会場:寺田倉庫G1ビル)ストリートで表現を続けるアート界の異端児“バンクシー”。世界で最も注目されているアーティストの一人であるにもかかわらず、本名や顔、年齢のほか、創作活動の全貌や動機など彼の実態を知る人がほとんどいない、謎に包まれた存在です。本展では、そんなバンクシーの活動の軌跡を、活動の主戦場である“ストリート”に焦点を当てて辿ります。プライベート・コレクター秘蔵のオリジナル作品の展示に加え、テレビ局ならではの街並み再現展示で、あえて美術館とは異なる会場にそのハイライトを体感型没入空間として創出します。まるで“映画のセット”のような展示をぜひご体感ください!●ゆかしの杜(港区立郷土歴史館)東京大学建築学科教授の内田祥三(よしかず)により設計され、旧公衆衛生院として昭和13(1938)年に建設されました。スクラッチタイルで覆われたゴシック調の外観や、建物内部にも、2層吹き抜けの空間で、左右に分かれる階段が作り出す空間が特徴的な中央ホールほか細部にわたる意匠など当時の状態を伝える部分が多くあります。歴史的に貴重な建築美をお楽しみください。●高輪消防署 二本榎出張所(外観)第一次世界大戦後に流行した「ドイツ表現派」の建築設計で、そのレトロな外観から、地域のシンボル的な存在となっています。建物は鉄筋コンクリート造、地上3階建て、延べ598平方メートル。1階の腰壁は花崗岩の切り出し積みで、ひさしや窓台は左官洗い出し仕上げで、玄関は、御影石に木の扉でできています。昭和8年に建てられ、平成22年「東京都選定歴史的建造物」に選定された建物を、外観からご覧いただけます。●高輪ゲートウェイ駅2020年3月14日に開業したJR山手線の約50年ぶりの新しい駅!新国立競技場の設計を務める隈研吾氏がデザインを施した和を感じる駅舎になっています。●お食事はDONCONACONERY品川にて、イタリアンランチコースをお楽しみください♪【ご注意事項】※当日はマスクの着用等感染症拡大防止へのご協力をお願い致します。※移動は徒歩にて行いますので

テーマ 絵画・美術館・イベント  特集
商品番号 P017208 口コミ
開催期間 2021-09-11〜2021-09-19 エリア お台場・汐留・新橋・品川 
料金 8,800円/税込 ~ (チケット代+お食事+添乗員付)
集合場所 東京メトロ南北線・都営三田線「白金台駅」2番出口(地上)にて集合・受付

詳細を見る

聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」&大観音寺御開帳と五百羅漢寺参拝バスツアー ~和食御膳のご昼食付~【3密対策】

  • photo
  • photo

... 聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」&大観音寺御開帳と五百羅漢寺参拝バスツアー~和食御膳のご昼食付~【3密対策】●聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」(会期:2021年7月13日~9月5日 会場:東京国立博物館)奈良・斑鳩の地に悠久の歴史を刻む法隆寺は、推古天皇15年(607)、聖徳太子によって創建されたと伝えられます。聖徳太子は冠位十二階や憲法十七条の制定など政治制度を整えるとともに、仏教の教えを深く研究することで、日本の文化を大きく飛躍させました。聖徳太子を敬う人々の心はやがて信仰として発展し、こんにちもなお日本人の間に連綿と受け継がれています。今年は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、これを記念して特別展「​聖徳太子と法隆寺」が開催されます。法隆寺において護り伝えられてきた寺宝を中心に、太子の肖像や遺品と伝わる宝物、また飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて、太子その人と太子信仰の世界に迫ります。古代仏像彫刻の傑作といわれる国宝「薬師如来坐像」や、27年ぶりの寺外公開となる秘仏・国宝「聖徳太子および侍者像」など飛鳥時代以来の貴重な文化財が一堂に公開される貴重な機会をお見逃しなく!●大観音寺(おおかんのんじ)江戸33観音の3番目の札所で、鎌倉の「鉄ノ井」から発見された鉄観音像を御本尊としています。鉄観音像は頭部のみの像で、1.7メートルの鋳鉄製。昭和47年に東京都の指定有形文化財に指定されました。その御本尊が毎月11日と17日に開帳されます!●五百羅漢寺「目黒のらかんさん」として地元で親しまれている五百羅漢寺を案内付きで拝観!らかんさんはお釈迦さまの実在したお弟子さんたちで、後世の人々にお釈迦さまの教えを伝えたとされています。松雲元慶禅師によって彫造された像536体(現存305体)は江戸期を代表する木彫として東京都重要文化財に指定されています。●五百羅漢寺の境内にある「らかん茶屋」にて和食御膳のご昼食【ご注意事項】※ご参加に当たり、当日のマスク着用等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。※本ツアーは東京国立博物館へ入場後、解散となります。東京駅へは戻りませんのでご了承ください。※展覧会入場時に混雑がある場合は、一般のお客様と同様にお並びいただく可能性がございます。当ツアーは、3歳以上、中学生以下のお客様が子ども料金でご参加い

テーマ 絵画・美術館・イベント  特集
商品番号 P017225 口コミ
開催期間 2021-08-17〜2021-08-17 エリア 湯島・上野・浅草 
料金 12,650円/税込 ~ (お食事+拝観料+展覧会チケット+バス+添乗員)
集合場所 東京駅丸の内ビル前にて集合・受付

詳細を見る

山種美術館「浮世絵・江戸絵画名品選」鑑賞&浮世絵に描かれた都内スポットめぐりバスツアー ~お造り定食のご昼食付~【3密対策】

  • photo
  • photo
  • photo

... 山種美術館「浮世絵・江戸絵画名品選」鑑賞&浮世絵に描かれた都内スポットめぐりバスツアー~お造り定食のご昼食付~【3密対策】●【開館55周年記念特別展】山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選―写楽・北斎から琳派まで―(会期:2021年7月3日~8月29日 会場:山種美術館)山種美術館のコレクションには、鈴木春信から鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重まで、六大絵師の名品が多数含まれており、保存状態も良いことから、専門家の間で高く評価されています。本展では、写楽の個性的な役者大首絵3点など、絵師の代表作が揃う珠玉のコレクションのほか、近年注目を集める伊藤若冲による《伏見人形図》、重要文化財である岩佐又兵衛《官女観菊図》や椿椿山《久能山真景図》などを含む、江戸絵画の諸流派の優品をご覧いただけます!このまたとない機会にぜひ、浮世絵・江戸絵画の魅力をご堪能ください。●浮世絵に描かれた都内のスポットを巡ります!①日本橋(車窓)江戸から京都へ向かう東海道をシリーズで描いた、歌川広重の「東海道五拾三次」の巻頭を飾る『日本橋朝之景』。その舞台となる現在の日本橋を車窓で巡ります。②築地本願寺歌川広重『東都名所築地西御堂之図』、歌川国芳『築地御門跡之図』などに描かれています。現在の建物はインドの石窟寺院風のデザインですが、江戸時代の築地本願寺(西本願寺)は大屋根の寺院建築でした。③永代橋(車窓)赤穂浪士の吉良邸討ち入りの際にも使われたことでも有名な永代橋。歌川広重『江戸名所永代橋佃島』、渓斎英泉『東都永代橋の図』などに描かれています。④新大橋(車窓)歌川広重『江戸名所大はしあたけの夕立』に描かれる橋。広重のこの作品に影響を受け、ゴッホが模写したことでもよく知られています。『江戸名所大はしあたけの夕立』は山種美術館で実際にご覧いただくことができます!⑤湯島聖堂江戸幕府5代将軍・徳川綱吉によって建てられた孔子廟で、日本の学校教育発祥の地でもあります。ツアー当日は、湯島聖堂の中心的建物「大成殿」が公開され、内部をご覧いただくことができます。歌川広重『名所江戸百景昌平橋聖堂神田川』、葛飾北斎『新板浮絵神田明神御茶の水ノ図』などに描かれています。●都市センターホテル「梅林」にてお造り定食のご昼食付【ご注意事項】※当日はマスクの着用等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。※展

テーマ 絵画・美術館・イベント  特集
商品番号 P017226 口コミ
開催期間 2021-08-28〜2021-08-28 エリア 渋谷・目黒・世田谷 
料金 11,000円/税込 ~ (お食事+展覧会チケット+バス+添乗員付)
集合場所 東京駅丸の内ビル前にて集合・受付

詳細を見る

3件中1-3件表示