荒川・葛飾・江戸川・江東のツアー・イベント一覧|日帰りバス旅行・観光ツアー

[表示順]

1件中1-1件表示

秋バラ咲く都電荒川線「東京さくらトラム」で行く!都電神社御朱印めぐりさんぽ ~巣鴨地蔵通りにてお蕎麦御膳のお食事付~

  • photo
  • photo
  • photo

... 【三ノ輪駅出発】秋バラ咲く都電荒川線「東京さくらトラム」で行く!都電神社御朱印めぐりさんぽ~巣鴨地蔵通りにてお蕎麦御膳のお食事付~「チンチン♪」と音を鳴らしながら進む昔懐かしい路面電車「都電荒川線」に乗っての御朱印巡り。出発駅の三ノ輪橋駅は、昭和30年頃をイメージにしたレトロ調のデザインの停留所で、「関東の駅100選」にも選ばれています。沿線沿いには約4kmにわたってバラが植栽されており、約140種13,000株の色とりどりのバラが列車旅を彩ります♪●尾久八幡宮(荒川区)正和元年(1312)に、現在の荒川区北西部にあたる尾久の地が鎌倉の鶴岡八幡宮に寄進された正和元年(1312)頃に勧請され、それ以降に創建されたと推定されています。古くからは農工商の神様として尾久の人々に信仰されており、勝負事、出世、商売繁盛の御利益があると伝えられています。月替わりのポップでかわいいデザインの御朱印を授かることができます!●七社神社(北区)かつては無量寺の境内に祀られており、「江戸名所図会」にも「七社(ななのやしろ)」として描かれております。明治に神仏分離が行われると「一本杉神明宮」の社地に、西ヶ原村総鎮守として奉祀されました。社殿前の狛犬は雄・雌共に子を守る姿をしており、古くから子宝・安産・家庭円満のご利益があると言われています。また、社殿前には「御衣黄」「福禄寿」という八重桜があり、春には境内を紅白に色どります。七社神社のご朱印には、都電が走るまち・王子らしく「都電」と「御衣黄」「福禄寿」がデザインされており、さらに、大河ドラマの放送を記念して、神社と縁のある渋沢栄一翁のイラストが期間限定で押されています!●王子神社(北区)創建は明らかではありませんが、鎌倉時代から熊野信仰の拠点であった神社で、紀州熊野三社権現より若一王子宮を勧請し、景観も熊野に倣って整えられたそうです。第8代将軍の徳川吉宗は江戸に紀州ゆかりの神社があることを喜び飛鳥山を寄進するなど、徳川将軍家とも縁深い神社です。●巣鴨地蔵通り商店街にてフリータイム&ご昼食大正11年創業老舗「地蔵そば大橋屋」にて「そば御膳」のお食事をお召し上がりいただきます。おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨地蔵通りでのフリータイムもお楽しみください!また、巣鴨名物の塩大福発祥の店「元祖塩大福みずの」の塩大福をお土産にお渡しいたします。(お食事予

テーマ 花・自然・絶景  散策・街歩き  寺社めぐり  特集 寺社めぐりツアー 
商品番号 P017285 口コミ
開催期間 2021-11-02〜2021-11-02 エリア 荒川・葛飾・江戸川・江東 
料金 7,700円/税込 ~ (お食事+御朱印3体+都電1日乗車券+添乗員)
集合場所 都電荒川線「三ノ輪橋駅」

詳細を見る

1件中1-1件表示