っているようで知らない東京。こんなにたくさん魅力があった!



生まれ変わり続ける街・東京。新スポットが続々登場

1000万都市・東京。その人口もさることながら、1年で東京に観光で訪れる人はなんと1.2億人(平成26年度実績。(公財)東京観光財団HPより)!
これだけの人々を惹きつけて止まない東京の魅力の一つが、生まれ変わる街であること。2014年には日本橋コレド室町や、新橋の新虎通り、虎ノ門ヒルズがオープン。
2015年も、新宿、二子玉川、代官山、豊洲などの人気エリアに新観光スポットが続々登場予定。
もちろん東京タワーや東京スカイツリー(R)といった、東京を代表する観光スポットもシーズンに合わせたイベントを開催し、観光客を飽きさせません。
2020年の東京オリンピックへ向けてさらに変身を遂げようとしている街・東京。これからまたどう変わっていくのかも見逃せないエリアです。



江戸の繁栄は河から始まった-。水の都・東京

東京=江戸の始まりは灌漑工事から、というのはご存知ですか? 隅田川をはじめとする数々の水路が周辺地域への物資運搬の重要な手段となっていました。徳川家康の江戸入府後、さらに灌漑工事が進められ、玉川上水から神田川、または多数の橋も建築されました。
今も残る東京の運河は、東京の歴史の代弁者。隅田川、日本橋川、荒川、神田川など。
さらに小名木川や大横川、仙台堀川、北十間川、横十間川など、数えればキリがないほど豊富で、まさに東京は「水の都」なのです。
東京の運河を船でめぐれば、江戸時代の城壁跡や、国鉄の名残、大名屋敷跡など、常に変わり続けた東京の姿を間近に見ることができます。
普段見る景色も川から眺めればまた違った姿をみせてくれます。東京に来たら、一度は体験してみたいですね。



点在する歴史の香り。東京に残る史跡をめぐる

東京に残る史跡といえば、何を思い浮かべますか?
まずは皇居(旧江戸城)、上野寛永寺、浅草寺。有名どころもさりながら、江戸時代から400年以上日本の首都であり続けた東京には、それこそ数えきれないほどの史跡が埋もれています。
現代では高層マンションが立ち並ぶ佃島の隣には「石川島人足寄場」があり、上野公園内には「藤堂高虎の墓」があり、西日暮里の道灌山には、太田道灌の砦があったとされます。日本橋郵便局には、日本の郵便制度を作った前島密の像とともに「郵便発祥の地」の碑も建てられています。
普段の生活エリアのすぐ間近に、意外と大きな史跡があるのが東京の史跡の面白さ。
地図を片手に、ちょっと自分で見つける自信が無い方はガイド付きツアーで、東京の“隠れ史跡”を見つけに行くのも、東京の楽しみ方の一つですね。



東京魅力満喫出来る日帰りツアー



   
東京観光名所バスツアー
東京の観光名所を手っ取り早く、しかも
楽に廻ろうと思ったら、一番おすすめなのは旅行会社
主催の「東京観光名所めぐりバスツアー」です。
駅からの行き方がいまいちわかりづらい場所や、1度に見て回るには移動が大変だったりする複数の観光名所をバスでひとめぐり。
たいていのツアーには食事もついてますのでごはんの心配もいりません!

   
東京社会見学バスツアー
近年人気なのは東京都内の施設や企業
工場を見学する「社会見学」ツアー。代表的なところ
では国会議事堂、食品工場や、バックヤード(舞台裏)の見学、
自衛隊の基地見学などがあります。 個人では見学できなかったり、見学の手続きが面倒な場所にも行け、
また、大人だけでなく子供も楽しめるので、家族旅行にも人気です。

 
   
東京川下りクルーズ
今や東京可能のルートとして定番化している
「隅田川水上バスクルーズ」はもちろん、TV番組などでも
取り上げられる神田川や日本橋川のような、観光船が行き来する
イメージがあまりない川も、船でクルーズすることができます。地上の旅を一通り楽しんだ後は、東京の川下りクルーズを制覇するのも楽しいですね。

   
東京歴史探訪ツアー
毎年多くの新スポットが誕生する傍ら、
何百年も残り続ける歴史の史跡も多数存在します。
浅草、日本橋、人形町、品川、谷根千、上野…。今ではオフィス街
や ショッピングとして賑わうエリアも、昔は大名屋敷が軒を連ねていました。 史跡だけでなく、地名に歴史の名残を残す場所も。 古地図を片手に東京歴史探訪へ出かけませんか?

 

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.