展覧会・特別展

商品番号 P006568

明治5年創業・老舗「上野精養軒」フレンチランチ&旧岩崎邸見学&「ボルドー展」鑑賞てくてく散歩


老舗の洋食店でご昼食。

老舗の洋食店でご昼食。

ボルドー展 -美と陶酔の都へ-      ウジェーヌ・ドラクロワ 《ライオン狩り》(部分) 1854-55年 ボルドー美術館 (C)Musée des Beaux-Arts - Mairie de Bordeaux. Cliché L. Gauthier

ボルドー展 -美と陶酔の都へ-      ウジェーヌ・ドラクロワ 《ライオン狩り》(部分) 1854-55年 ボルドー美術館 (C)Musée des Beaux-Arts - Mairie de Bordeaux. Cliché L. Gauthier

国の重要文化財にも指定されている「旧岩崎邸庭園」

国の重要文化財にも指定されている「旧岩崎邸庭園」

皇室の食卓を預かったゆかりの地で贅沢な一時を過ごす

明治5年創業・老舗「上野精養軒」フレンチランチ
&旧岩崎邸見学&ボルドー展鑑賞てくてく散歩


◆旧岩崎邸
旧岩崎邸は1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として造てられました。
木造2階建・地下室付きの洋館は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。
館内の随所に見事 なジャコビアン様式の装飾が施されており、同時期に多く建てられた西洋建築にはない繊細なデザインが、当時の雰囲気を漂わせています。

◆上野精養軒
新橋-横浜間で鉄道が開通し、文明開化が本格的に盛り上がり始めたころ、上野公園開設に伴い、不忍池畔の現在の地に、日本におけるフランス料理店の草分けとして「上野精養軒」が誕生しました。
以降、鹿鳴館時代の華やかな社交場として内外の王侯貴族や各界の名士が集い、ときに歴史的な会談の舞台です。
そんな明治の古きよき面影を感じる気品にあふれた佇まいと、一世紀半近い伝統に培われた格式高いお料理、
そして各時代の一流の人々に愛された心づくしのおもてなしで、贅沢な一時をお過ごしください。

◆ボルドー展 -美と陶酔の都へ-
本展覧会は、フランス:ボルドー市の全面協力のもと、先史時代から現代に至るまで数万年に及ぶスケールで、フランス:ボルドーとその地域の美術と文化の展開を紐解くものです。
街の繁栄を生み出したワイン産業との関わりに目を配りつつ、数々の貴重な美術作品や歴史資料の展示を通じて、古典のエレガンスと、
商業と海運の都市ならではのコスモポリタニズムを併せもつ市の魅力を浮彫りにします。
総数200点を超える多様な作品・史料とともに、ボルドーの悠久の歴史を旅します。


開催時間 09:30~12:30
料金  (お食事+入館料+ガイド代)
スケジュール
09:30 東京メトロ千代田線「湯島」駅1番出口地上にて集合、受付
  旧岩崎邸見学~不忍池~上野公園
11:00 上野精養軒にてフレンチランチのご昼食
12:30 ボルドー展 -美と陶酔の都へ- 鑑賞後自由解散
最小催行人員 各日20名様より
集合場所
東京メトロ千代田線「湯島」駅 天神下交差点方面改札口前 MAP
申し込みへ

お申し込みは、開催日の 3日前までになります。

"申し込み"へをクリックすると申し込み画面へ進みます。



       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


ご確認・注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様センターまでお電話にてお問い合わせください。 (キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」をご覧ください。

展覧会・特別展

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.