名所・旧跡めぐり

商品番号 P006426

ぽけかるガイドと行く!本所七不思議めぐりてくてく散歩 ~割烹吉葉のご昼食付き~


江戸より続く、怪談「本所七不思議」にまつわる名所をぽけかるガイドがご案内!  ※画像はイメージです。

江戸より続く、怪談「本所七不思議」にまつわる名所をぽけかるガイドがご案内!  ※画像はイメージです。

置いてけ 、置いてけという声が聞こえてくる…「置いてけ堀」

置いてけ 、置いてけという声が聞こえてくる…「置いてけ堀」

本物の土俵が館内にどっしり構える「割烹 吉葉」で和食御膳のご昼食!

本物の土俵が館内にどっしり構える「割烹 吉葉」で和食御膳のご昼食!

江戸時代から伝わる怪談名所を歩く!
ぽけかるガイドと行く!
本所七不思議めぐりてくてく散歩
~「割烹 吉葉」にて和食御膳のご昼食つき~

 


★落語でも語り継がれる!「本所七不思議めぐり」
江戸時代から伝わっており、古くから庶民に親しまれ、
落語のネタなどにもなっている「本所七不思議」の名所を、ぽけかるガイドと歩きましょう!

~本所七不思議を少しご紹介!~
・「狸囃子」…深夜になるとどこからともなく、笛や太鼓などの囃子の音が聞こえてくる・・
・「送り提灯」…提灯を持たない者の前に現れ、ついたり消えたりを繰り返しながらどこまで追っても追いつかないとされる怪火
・「置いてけ堀」…ある日、錦糸町あたりの掘りで釣りをしていた町人が、たくさんの魚を釣りホクホク顔で帰ろうとしたところ、どこからか、「オイテケ…オイテケ……」と不気味な声がして・・
・「送り拍子木」…「火の用心」と唱えながら拍子木を打って夜回りすると、打ち終えたはずの拍子木の音が同じような調子で鳴り出す
・「足洗い屋敷」…深夜になると突然「足をあらえ~」 といって大きな血まみれの足が天井から降りてくる!
・「燈無蕎麦(あかりなしそば)」…蕎麦屋の行灯に、「暗いから」という理由でおせっかいな江戸っ子が火を入れてしまうと、家へ帰ってから必ず・・
・「津軽屋敷の太鼓」…太鼓を鳴らすめずらしい火の見やぐら
・「片葉の葦」…隅田川の入堀に”あし”が生い繁っていたが、そのあしの葉は不思議なことにすべて一方だけ生えて片葉となっていた・・
・「落葉無き椎の木」…葉っぱの落ちたのを誰も見たことがない椎の木

★ご昼食は「割烹 吉葉」にて和食御膳!
旧宮城野部屋の建屋と横綱吉葉山の名前を譲り受けた「割烹 吉葉」。
力士たちが稽古に励んだ本物の土俵が、館内にそのまま残されています。
「大相撲の風情」と「プロの味」をお楽しみいただける吉葉で、和食御膳をお召し上がりいただきます!

 

≪注意点≫
移動は徒歩にて行いますので、「歩きやすい服装・靴」にてご参加ください。徒歩での移動距離は約4kmとなります。


開催時間 09:20~14:00
料金  (お食事+ガイド代)
スケジュール
09:20 都営浅草線「本所吾妻橋」駅A2出口地上にて集合、受付
09:30 出発
  本所七不思議めぐりてくてく散歩
  狸囃子~送り提灯~置いてけ堀~送り拍子木~足洗い屋敷~
  燈無蕎麦(あかりなしそば)~津軽屋敷の太鼓~片葉の葦~落葉無き椎の木
13:00 頃、「割烹 吉葉」にてご昼食
14:00 頃、お食事終了後、解散
  ※行程表の時間は、目安です。当日の事情により変更される場合もございます。
最小催行人員 10名様より
集合場所
都営浅草線「本所吾妻橋」駅A2出口地上 MAP
申し込みへ

お申し込みは、開催日の 3日前までになります。

"申し込み"へをクリックすると申し込み画面へ進みます。



       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


ご確認・注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様センターまでお電話にてお問い合わせください。 (キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」をご覧ください。

名所・旧跡めぐり

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.