話題の観光地・スポット 散策・街歩き 歴史探訪 祭り・イベント
商品番号 P005031

東京下町秋の風物詩!江戸から続く伝統行事「日本橋べったら市」&お江戸日本橋散策

  • thumb01
    ぽけかるガイドが、お江戸日本橋をご案内いたします!
  • thumb02
    江戸から続く下町の秋の風物詩 べったら市へ行こう! (写真提供:中央区観光協会)
  • thumb03
    文久年間創業 老舗「とよだ」のご昼食つき!

東京下町の秋の風物詩を堪能!
江戸から続く伝統行事「日本橋べったら市」

お江戸日本橋散策
~文久年間創業 老舗「とよだ」のご昼食つき~

 


★江戸中期の中ごろから続く伝統行事「べったら市」
「べったら市」は、江戸中期の中ごろから、宝田恵比寿神社の門前で
10月20日の恵比寿講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、
前日の19日に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのがその起源です。
浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから「べったら市」と呼ばれるようになりました。
当時は、若者たちが「べったりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回して、参詣客の着物の袖につけてからかったそうです。
べったら漬けは、アメと麹で大根を漬け込んでいるため、衣服にべったりとついてしまうことから名づけられたといわれています。
江戸時代のにぎわいそのままに、現在でも約400~500軒の露店が軒を連ねる秋の風物詩へ遊びに行きましょう!

★ぽけかるガイドがご案内する「お江戸日本橋」
江戸の始まり日本橋、老舗巡りで商人魂!職人魂!をぽけかるガイドが粋に鯔背(いなせ)にご案内いたします。
また、今は無き竜閑(りゅうかん)川を訪ね、江戸の町を偲びます。
江戸・日本橋の歴史案内はもちろんのこと、日本橋ならではの魅力的な老舗店にもご案内。
だしの「にんべん」に、360年続く「小津和紙」など。
皆さま!一緒に遊びに行きましょう!

★ご昼食は日本橋の老舗「割烹 とよだ」にて和食!
受け継がれてきた技とおもてなしの心に新たな工夫を加え、厳選した旬の味をお楽しみください。

 

 

≪注意点≫

移動は徒歩にて行いますので、「歩きやすい服装・靴」にてご参加ください。徒歩での移動距離は約4kmとなります。


ツアー詳細

テーマ 話題の観光地・スポット  散策・街歩き  歴史探訪  祭り・イベント  特集 観光名所めぐりバスツアー 
商品番号 P005031 口コミ
開催時間 09:50~14:00  エリア 日本橋・茅場町・人形町 
料金  (ガイド+昼食付き)
スケジュール
  • 09:50:東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」 2番出口地上にて集合・受付
  • 10:00:出発
  •   小伝馬町お牢→竜閑川跡→竜閑橋→金座跡→常盤橋
  • 12:00:ご昼食
  •   福徳稲荷→長崎屋跡→小津和紙
  • 14:00:頃、宝田恵比寿神社にて解散 (べったら市をお楽しみください)
  •   ※解散後の最寄駅は、「小伝馬町駅」または「馬喰町駅」となります。
  •   ※天候及び道路状況、その他諸事情によりコース・時間等が変更となる場合がございます。
最小催行人員 各日6名様より
集合場所
  • 東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」 2番出口地上地図

出発日カレンダー"申し込みへ"をクリックすると申し込み画面へ進みます

お申し込みは、開催日の3日前までになります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

印刷する

お問い合わせお申込み・お問い合わせはお電話でも承っております

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

number phone

株式会社ポケカル

〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町20-1 アンソレイエ・オオタ 5F

東京都知事登録旅行業第2-6811号
(社)全国旅行業協会正会員

営業時間 ポケカルお客様センター 9:00~18:00 年中無休

インターネットでのご予約は24時間365日受付ております。

ご確認・ご注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様 センターまでお電話にてお問い合わせください。(キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」を ご覧ください。

特集全ての特集を見る

ポケカルおでかけ通信全てのポケカルおでかけ通信を見る

ポケカルツアー動画