世界遺産・富岡製糸場と高山社跡見学&織田家ゆかりの城下町散策バスツアー|日帰りバスツアーや旅行の予約ならポケカルへ

世界遺産・富岡製糸場と高山社跡見学&織田家ゆかりの城下町散策バスツアー|日帰りバスツアーや旅行の予約ならポケカルへ 

名所・旧跡めぐり

商品番号 P009682

世界遺産・富岡製糸場と高山社跡見学&織田家ゆかりの城下町散策バスツアー ~ぐんま名物「峠の釜めし」ご昼食付バスツアー~


2014年に世界遺産登録された「富岡製糸場」を見学!

2014年に世界遺産登録された「富岡製糸場」を見学!

ぐんま名物「峠の釜めし御膳」のご昼食!

ぐんま名物「峠の釜めし御膳」のご昼食!

織田家ゆかりの城下町「甘楽町小幡」を散策

織田家ゆかりの城下町「甘楽町小幡」を散策

日本近代化の礎をたどる!
 

<群馬>世界遺産・富岡製糸場と高山社跡見学
織田家ゆかりの城下町散策バスツアー
~ぐんま名物「峠の釜めし」のご昼食付~



◆2014年6月、世界文化遺産に登録された「富岡製糸場」
2014年6月に世界文化遺産に登録された「富岡製糸場」を見学!
富岡製糸場は明治5年(1872年)、明治政府が日本の近代化のために最初に設置した模範器械製糸場です。
繰糸場は長さ約140.4メートル、幅12.3メートル、高さ12.1メートルで、当時、世界的にみても最大規模の工場でした。
ほぼ創業当初の状態で良好に保存されている富岡製糸場を見に行きましょう!

◆養蚕法の研究と指導が行われた場所・国指定史跡「高山社跡」
「高山社跡」は、世界遺産『富岡製糸場と絹産業遺産群』の構成資産のひとつです。
「養蚕改良高山社」の創始者・高山長五郎の生家であり、養蚕法「清温育」の研究と社員への指導がこの場所でおこなわれました。
現在は、1891年(明治24年)に建築された施設(蚕室と付属屋)が残っており、見学することができます。

◆織田家ゆかりの城下町「甘楽町小幡」を散策
甘楽町は、織田信長の次男・信雄から8代(152年)にわたり織田氏が統治した土地で、織田家ゆかりの城下町として当時の面影を残しています。
この武家屋敷地区の中小路に面して、武家屋敷の面影を残す小幡藩勘定奉行「高橋家」や、中小路の石垣(柴田家)、食い違い郭などがあります。
当時の面影を残す、城下町の散策をお楽しみください。

◆益子焼の土釜に入った駅弁!ぐんま名物「峠の釜めし」御膳のご昼食付き
温かいまま食べられる画期的な駅弁として1950年代に登場した「峠の釜めし」の御膳をお召し上がりいただきます!
釜めしだけでなく、下仁田こんにゃくや赤城鶏などのぐんま名産を使用した様々なおかずもご賞味ください。


【ご参加可能年齢】
当ツアーは、3歳以上のお客様がご参加いただけます。
0歳~2歳のお子様は、座席・食事なしで無料でご参加いただけます(但し、大人1名につき1名まで)。
0歳~2歳のお子様をお連れの際は、必ず事前にご連絡をお願いいたします。

 

#新着ツアー #バス新着 #バス7000 #GW2017

開催時間 08:20~19:30
料金  9,980円~(お食事+入館料+バス+添乗員付)
スケジュール
08:20 東京駅 丸の内口 丸の内ビル前にて、集合・受付
08:30 バス出発
11:15 頃、「峠の釜めし本舗おぎのや」にてご昼食(約1時間)
  織田家ゆかりの城下町「甘楽町小幡」散策(約50分)
  富岡製糸場 見学(約1時間)
  高山社跡 見学(約1時間)
19:30 頃、東京駅到着後、解散
  ※天候及び道路状況、その他諸事情によりコース・時間等が変更となる場合がございます。
最小催行人員 35名様より
集合場所
東京駅 丸の内口 丸の内ビル前 MAP
申し込みへ

お申し込みは、開催日の 3日前までになります。

"申し込み"へをクリックすると申し込み画面へ進みます。



 
1
2
大人 ¥9980
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     


ご確認・注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様センターまでお電話にてお問い合わせください。 (キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」をご覧ください。

名所・旧跡めぐり

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.