川下りクルーズ

商品番号 P002009

【6/6限定】21世紀最後の天体ショ―! 『金星の太陽面通過・東京湾観覧クルーズ』 (お弁当付き、木場乗船)

21世紀最後の超稀少な天文現象!『金星の太陽面通過』(2012年6月6日)が観られるチャンス!

21世紀最後の超稀少な天文現象!『金星の太陽面通過』(2012年6月6日)が観られるチャンス!

東京湾観覧ポイントまで、屋形船観覧クルーズにてご案内いたします!遮るもののない東京湾よりご観覧いただきます!

東京湾観覧ポイントまで、屋形船観覧クルーズにてご案内いたします!遮るもののない東京湾よりご観覧いただきます!

『太陽が3倍の大きさに見える太陽観測グラス』をご用意いたします!

『太陽が3倍の大きさに見える太陽観測グラス』をご用意いたします!

21世紀最後の天体ショ―!138年ぶりの超稀少な天文現象!

『金星の太陽面通過・東京湾観覧クルーズ!』

(江東区木場乗船、屋形船で行く東京湾観覧ポイントへ)
(太陽が3倍の大きさに見える観測グラス、お弁当付き)



6月6日(水)21世紀最後の超稀少天文現象【金星の太陽面通過】を観覧!
 

太陽―金星―地球が一直線に並んでいるときにおこる超稀少な天文現象!
金星が太陽を通過する様子の観られます! 日本では138年ぶりの観測チャンス!
(※2004年6月8日、日本では130年ぶり、世界的にも122年ぶりに、
金星が太陽面を横切る現象がありましたが、全国的にお天気が悪かったようです。
それから8年が経ち、2012年6月6日、21世紀では最後の「金星の太陽面通過」を迎えます。)



★21世紀では最後の観望チャンス!
 

次回に観られるのは、105年後の2117年12月11日。
間違いなく人生最後の【金星の太陽面通過】!ぜひあなた自身の目で観てみよう!
当日の日本は、【金星の太陽面通過】の全経過を見ることができる最高の条件に恵まれる地域に当っています!


【金星の太陽面通過】
第1接触(7時10分53秒)⇒第二接触(7時28分29秒)⇒最大食(10時29分39秒)⇒第三接食(13時29分59秒)
⇒第四接触(13時47分26秒)

 

※最大食(10時29分39秒)の観覧に合わせてクルーズいたします!


★東京湾“おすすめ”観覧ビューポイントへご案内いたします (お弁当付き)
 

東京新名所『ゲートブリッジ』の周辺まで屋形船クルーズにてご案内いたします。
遮るものが無い東京湾より、【金星の太陽面通過】をご観覧ください!
観覧の際には、『太陽が3倍大きく見える!感動の太陽観測グラス』をご用意いたします!

※船内では、【お弁当】もお楽しみいただきます!



≪ご注意≫※事前にお読みください。
※本プランは本格的な観測・撮影ツアーではなく、【金星の太陽面通過】を観覧するための場所へ
お客様をご案内するツアーです。
従って、【金星の太陽面通過】の観測ができることを保証するものではありません。
また、天候不良などの不可抗力により【金星の太陽面通過】が見られない場合についても、
ご旅行代金の返金・払い戻しはございませんので、予めご了承のうえ、お申込みください。


開催時間 09:40~12:00
料金  (乗船料+観測グッズ+お弁当代)
スケジュール
09:30 『屋形船 深川吉野屋』(【木場駅】2番出口より徒歩2分)にて集合・受付
09:40 出船、『金星の太陽面通過・観覧クルーズ』(東京湾ビューポイントへ)
  ※船内にて、お食事もお楽しみください。 
12:10 帰港後、木場乗船場にて終了となります。
  ※運営の行程上、スケジュールが変更になる場合がございます。添乗員の指示に従ってください。
最小催行人員 20名
集合場所
『屋形船 深川吉野屋』 MAP
申し込みへ

お申し込みは、開催日の 3日前になります。

"申し込み"へをクリックすると申し込み画面へ進みます。



         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           


ご確認・注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様センターまでお電話にてお問い合わせください。 (キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」をご覧ください。

川下りクルーズ

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.