名所・旧跡めぐり

商品番号 P001117

お江シリーズ【3】『江戸東京博物館 編』 お江と秀忠ゆかりの地をめぐる日帰りバスツアー ~波乱万丈、強く生き抜いた女性たち~

秀忠公霊廟 勅額門・御成門・丁子門をはじめ、 由緒ある文化財が増上寺をはじめ全国各地から移築されています。

秀忠公霊廟 勅額門・御成門・丁子門をはじめ、 由緒ある文化財が増上寺をはじめ全国各地から移築されています。

江戸東京博物館の展示品

江戸東京博物館の展示品

ご昼食は、自然食バイキング

ご昼食は、自然食バイキング

戦国・江戸時代を駆け抜けた『お江』の魅力にたっぷり迫る日帰りバスツアー
時の権力者に翻弄され、3度の結婚を重ねた『お江』の最後の嫁ぎ先

徳川二代将軍・秀忠と『お江』が歩んだ波乱万丈の世界へ誘います!

 

-ツアー参加する前のワンポイント知識-

【 祐天寺 】

享保三年、八代将軍・吉宗の時代に建立されました。増上寺36世住持の祐天の体調が悪化したため、弟子の祐海は祐天が常念仏を行える廟所を探したところから始まります。この祐天寺が建立された土地が元は崇源院『お江』の領地であったということが「明顕山祐天寺永代式條」に記されていました。また祐天寺で建立当初より崇源院の尊牌を祀り、供養していました。

 

【 狭山不動尊 】

芝増上寺をはじめとする各地の文化財がここ狭山不動尊に集められました。今でも現存する建造物があります。
<勅額門・御成門:増上寺にあった徳川秀忠 (台徳院) の廟から移設したもの>
<丁子門:増上寺にあった崇源院 『お江』 霊廟から移設したもの>

 

【 増上寺徳川家霊廟 】

徳川将軍6人が眠る墓所です。この中に『お江』と秀忠が眠っています。

 

【 江戸東京博物館 】

企画展「芝 増上寺 ~秀忠とお江の寺~」は、浄土宗の開基法然上人の没後800年を記念して開催されるもので、増上寺が所蔵する寺宝の数々を一度に公開されます。


開催時間 08:30~16:00
料金  (ガイド+各入場料+ご昼食代)
スケジュール
08:30 JR東京駅丸の内側 「郵船ビル」前 出発
  増上寺徳川家霊廟拝観
  祐天寺(車窓から)
11:00 ご昼食(自然食バイキング)
  狭山不動尊(お江の丁子門/秀忠公の勅額門・御成門などのご案内)
16:00 江戸東京博物館 入場チケット配布後、解散
最小催行人員 各日20名
集合場所
JR東京駅丸の内側 「郵船ビル」前 MAP
申し込みへ

お申し込みは、開催日の 1日前になります。

"申し込み"へをクリックすると申し込み画面へ進みます。



       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
     


ご確認・注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様センターまでお電話にてお問い合わせください。 (キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」をご覧ください。

名所・旧跡めぐり

Copyright c 2009 Pokekaru-Club. All rights reserved.